会社沿革

昭和21年(1946年)6月 佐世保市栄町85番地にて、初代社長・角京市が金属取り扱いの角商店(スミショウテン)を創業。
昭和25年(1950年)12月 株式会社 角商店(スミショウテン)に組織変更、同時に市内干尽町にプレス工場設置。
昭和28年(1953年)3月 日琉合併の法人琉球プレス株式会社を設立。4月より鉄屑輸入に着手。
昭和32年(1957年)8月 沖縄事業年度終了に伴い、資本の回収をはかり長崎市へ出張所を開設。
昭和38年(1963年)4月 佐世保重工業株式会社の下請業務として造船部各種治具製作を開始。
昭和44年(1969年)1月 鉄工場を開設、主として造船関連鉄工を始める。
昭和55年(1980年)8月 白岳工場に鉄屑加工処理の能力アップを図る為、750T型シャープレスを設置し、同時に鉄屑部門を同所に集約。
昭和59年(1984年)7月 初代社長・角京市死去により、角久代が社長就任。(前社長)
昭和62年(1987年)2月 金属表面処理及び塗装業務を目的とした角化洗工業株式会社を設立。
平成元年(1989年)1月 湊町に不動産業務を開設、賃貸マンションの業務をはじめる。
平成2年(1990年)3月 佐世保市より産業廃棄物収集運搬許可を受ける。
平成5年(1993年)2月 佐世保市より産業廃棄物中間処理許可を受ける。
平成5年(1993年)3月 長崎県の産業廃棄物収集運搬許可を受け、この業務への取り組む体制が整う。
平成16年(2004年)12月 角 康隆が社長就任
平成19年(2007年)9月 第一種フロン類回収業者の登録をおこなう。
平成27年(2015年)12月 角 孟(すみたけし)が社長就任