佐世保特別支援学校現場実習

平成30年11月5日から11月16日までの2週間
佐世保特別支援学校1年生4名の現場実習を当社、白岳工場でおこないました
この現場実習は、生徒さん達に、企業が業務で行っている実際の作業を体験させ
「社会生活の雰囲気」と「仕事の厳しさ楽しさ」を知り、働く意欲と勤労者の態度を
自ずと身につける、ことを目的としているそうです。
実習日は朝礼の「ご安全に!!」の掛け声から始まり、
ケガをしないよう、安全な作業方法を指導してから作業に入ってもらいました。
体験してもらった作業は、金属製品の解体です。
生徒さん達は、ドライバー・カッター・電動工具などを使い工夫しながら
解体作業を弊社社員指導のもとがんばっていました。
そして、2週間が過ぎ、実習をケガもなく無事に終えることが出来きました.
生徒さんたちは、今後、色々な実習をされますが、進路を角商店への就職と希望され
我々の仲間に加わってもらえる日がくれば嬉しいです。

20181116_1
「ご安全に」のかけことば

20181116_2

20181116_3
金属製品の解体風景

佐世保特別支援学校現場実習